関口宏が認知症と噂される3つの理由!生放送司会でミス連発して老害化確定?!

俳優やタレント、ニュースキャスターなど幅広く活躍する関口宏さん(78歳)。

そんな彼に対して、SNSでは認知症を疑う声があります。

本当に関口宏さんさんは認知症なのでしょうか。

調べてみると、関口宏さんが認知症ではないかと思われる理由がありました。

こちらの記事では関口宏さんが認知症である理由を3つにわかりやすくまとめましたので、ご紹介します!

関口宏が認知症を発症している3つの理由!

関口宏

関口宏が認知症である理由①生放送中の物忘れ

関口宏さんは「サンデーモーニング」で、生放送中にもかかわらず何度も間違いを連発しているようです。

サッカーの話題のとき、J1リーグの結果と順位表を出さなければならないにもかかわらず忘れていたようです。

関口宏
関口宏

忘れちゃいました

結局フリップを出したのはバスケットボール日本代表の話題の後です。

他にも、相撲の話題では、大関・照ノ富士さんに対して失礼な発言をしました。

関口宏
関口宏

順調で、大関になるかな?

張本勲
張本勲

横綱だろう!

と、当時まだ現役だった張本勲さんに怒られる場面もありました。

他にも関口宏さんはベテランMCとは思えないミスを連発しているようです。

11日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、MCの関口宏が間違いを連発。怒りや心配の声が上がる一幕があった。

goo

そんな関口宏さんを視聴者は批判や心配の声を上げています。

  • やる気がないのか、本気で覚えられないのか。見るに堪えない内容だった。
  • テンポが悪くてゲストと噛み合ってない。
  • 認知症の兆候かも

確かに、MCなのに何度も間違えたり、物忘れしていたら見てる側が不安や心配になったりしますよね。

他にも会話が噛み合わないこともありました。

スポンサーリンク

関口宏が認知症である理由②会話が噛み合わない

また、ヤフーニュースでは野球評論家の達川光男さんと会話が噛み合わないということもあったようです。

達川氏は、この日安打を放った鈴木誠の今後の活躍について太鼓判を押したが、エンゼルス・大谷翔平の同僚の主砲マイク・トラウトの名前を挙げ、「あの選手のまねだけはやめて欲しいですね」と話した。  すると関口が「どういうことですか?」と首をひねった。達川氏はトラウトと鈴木誠では打法が違うと指摘し、「マイク・トラウトのまねだけしなかったら打てるようになります」と話したが、ここでも関口が「マイク・トラウトって何なんですか?」と質問。「すごいバッターなんです」と話す達川氏に、「だから、どういうところがすごいんですか?」と重ねた。

Yahoo!ニュース

他にも、「ホームランも打てるし、エンゼルスの主力バッターです」という説明に対して、関口宏さんはこう答えています。

関口宏
関口宏

だから?

中々話が進まないので、ゲストの上原さんも苦笑していたそうです。

その後も関口宏さんは「何で?」「どうして?」を連発。

このやり取りにヤフコメでは批判的な意見が多かったです。

関口宏が認知症である理由②年齢が75歳を超えている

学研の情報サイトである「健達ねっと」によると、75歳をすぎると認知症になるリスクは3倍に上がるようです。

前段階の70~74歳に比べると、有病率はおよそ3倍に跳ね上がっています。

健達ねっと

78歳という年齢によって関口宏さんが”認知症”なのでは?と連想してしまう人がいるようですね。
しかし関口宏さんはまだまだ元気で現役として活躍されています。
万が一、本当に認知症を発症していれば仕事を辞めてニュースになりますよね。
しかし、そのような報道も一切ないため、認知症の噂は完全なデマだと言えます。

関口宏が認知症を発症についてまとめ

関口宏さんは78歳という年齢なのに現役で活躍されています。

定年を過ぎているのにテレビ出演をされているのはとてもすごいことですよね。

認知症説はありますが、まだ仕事を続けており、もし病気であればニュースになるので可能性は低いでしょう。

批判的な意見もありますが、テレビに出ているとしょうがない部分もあるんでしょうね。